So-net無料ブログ作成
検索選択

オイスター。 [機種別 オリンパスE-P1]

何度かパリに来ているのに一度も食べたことが無かった生牡蠣。
今回はぜったいに食べたい!と思い、
ひとりでしたが行ってみることにしました。
ホテルから歩いてすぐのお店です。

091006E-P1_361.jpg
091006E-P1_355.jpg
コレを注文したとき、ウエイターさんは「マジで?」という表情。
斜め前にいたアジア人ファミリーのテーブルにも同じものがありました。が、あちらは5人。
生牡蠣のほかにいろいろ入ってるのはこれしかなかったし、
一種類ずついろいろ頼んでも結局膨大な量になりそうだったので・・・と言い訳するつもりはありませんが。
結構、盛りだくさんではあります。

別のウエイターさんは「写真撮ってあげるよ」と私のカメラを手に取り・・・
091006E-P1_360.jpg


少し後で隣の席にいらしたオブライアン夫妻(見知らぬ人でしたが)は
椅子にかけた私のねずみ色のレインコートを見るや、
「あんたのハズバンドはどこ行った?二人で食べきれるのか?」的なことをきっかけに話しかけてきてくれた。
091006E-P1_368.jpg

ええ、食べましたとも。全部。ひとりで。ハズバンドなしですよ。

のちに、オブライアンさんの旦那さんのほうは前日の凱旋門賞で馬券をしこたま当てたことが判明。
お祝いにこのレストランへ食事に来たのだとか。
「やっぱ男は肉やで~」的なことをおっしゃい、Tボーンを召し上がっていました。
奥さまは白身のお魚ソテー。美味だそうです。

ちなみに、このお店はシャンゼリゼの超一等地にありますが高級店ではなく、
どっちかというとファミレスのようなチェーン店。
女ひとり旅人でも気軽に入れるお手ごろなお店だと思います☆
ワインを一杯飲んで、30ユーロくらいだったと思います。
書き添えますが、私が頼んだ巨大ディッシュはたぶん3~5人用で、メインというより前菜向けのメニューです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。