So-net無料ブログ作成

香港の成果物など。 [香港]

hkjc02.jpg

hkjc03.jpg



「帰ってきてから続きを書きます。」と残してから、しばらくあいてしまいました。
すみません。

今年撮ってきたウオッカと仔の写真、事情があり今は発表できません。

そういっているあいだにも時間は流れ、あちこち行ってまいりました。

8月初め、イギリスに行き、シャーガーカップの取材。
武豊騎手が芦毛の馬に乗って3200mのレースを勝ったのを見られて感涙。
アスコット競馬場は絵になる撮影ポイントがたくさんあって大好きです。

前シーズンに引き続き、2011-2012シーズンも香港ジョッキークラブの
オフィシャル・フォトグラファーを務めることになりました。
香港競馬のマーケティングに係る写真を撮るお仕事です。
上の写真はジョッキーオブザイヤーとホースオブザイヤーの投票を呼び掛けるためのもので
ポスターや新聞広告などになっています。
ジョッキーはダグラスホワイト騎手、馬はアンビシャスドラゴン。

香港競馬は9月が競馬シーズンオープニングでして、それに合わせて行ってきました。
びっくりしたのは、JRAのレースを競馬場で中継放映して馬券を発売していたこと。
たまに、なのだそうですが、その日はセントウルステークスの馬券を売っていました。
オッズは香港独自だそうです。
香港馬ラッキーナインが際どいアタマ差の2着で、シャティン競馬場は大いに盛り上がっていました。

香港の競馬場は華やかで、大きなイベントがあっておもしろいです。
競馬を盛り上げる工夫がダイナミックで直接的な感じで興味深いです。
馬や騎手・調教師へのフィーチャーはもちろん、私のことまで場内で紹介してくださいました。
「日本から来たオフィシャル・フォトグラファーです!」「ワー!」みたいな感じで。
ファンの方もフレンドリーで熱心で、中にはプレゼントをくれた方も。
日本にすごく好きな馬がいると話してくれた方もいました。


香港から帰ってきて、ひといきついたあとはフランスへ。
凱旋門賞の取材は、毎回撮影場所を探すのが大変でもあり楽しみでもあり。
通常のカメラマンエリアはもちろんいい場所なのですが、
スタンドのバルコニーも馬場に近いし、パドックから馬場への花道も独特だし、
雰囲気のある競馬場なので、あれこれ欲張ってしまい悩みます。
今回は、内馬場から撮影しました。
日刊スポーツの記事↓
http://www.nikkansports.com/race/news/photonews_nsInc_p-rc-tp0-20111003-844219.html


日本から遠征した馬たちが滞在したシャンティイでは、
アラン・ド・ロワイエ=デュプレ調教師のインタビュー取材で
師の衝撃的な登場(折を見て書きます)に感激したり
日本馬の追い切りの代表撮影者を決めるとき久方ぶりに「あみだくじ」をしたり(当たった)
興味深い滞在となりました。


明日は秋華賞。
久しぶりに、京都へ行ってきます。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。