So-net無料ブログ作成
検索選択
ドバイ2010 ブログトップ
前の10件 | -

こぼればなし、など。 [ドバイ2010]

ひとにも馬にも愛されるウオッカ、はなれてしまうとすごく恋しい、
一ヶ月間一緒にすごしてきた
レッドディザイアもそう感じたのかもしれません。

コメントにもいただきましたように(ありがとうございます!)、
ディザイアの馬房の前には、ウオッカの写真が飾ってありました。


ウオッカのアイルランド行きに合わせて、私もドバイから移動したのですが、
そのアイルランドで、ドバイからの電話を受けました。

ウオッカがアイルランドへ行ってから、ディザイアが、さみしがっているみたい、
ウオッカの顔を見たら安心するかもしれないので
馬房から顔を出してるウオッカの大きな写真を持ってきてくれませんか、というお話でした。


ウオッカがアイルランドへ行く日、
馬房を出て、厩舎を後にするウオッカを、ディザイアがずーっと目で追っていたことを思い出し、
でも、まさか、ほかにたくさん日本から馬が来たのに
ディザイアはさみしがっているのか、と
とてもせつなかったです。

ディザイアが、ホントにさみしくなっちゃったのか、
それはディザイアが話してくれないことには、人間にとっては想像にしかならないのですが、
ウオッカがユニちゃんと、ほんとに仲良しになるまで数日かかっているのを見ていると、
特定のなかよし、それも毎日ずっといっしょに行動していたウオッカが
急にいなくなったら、他に新しく馬が来ても
さみしさを感じてしまうかもしれない、
今は、実感してそう思えます。


写真屋さんでできる最大サイズに、ひとつの写真を手作業で四分割してプリントし、
翌々日、手荷物で持ってドバイに入りました。
空港の手荷物チェックで、ことあるごとに、この写真をチェックされた際にも、
女性の検査員の方は特に、仲間に見せてまで、「ソー キュート!」と、
写真ながらもウオッカはかわいがられておりました。

ドバイに戻ったその足で、ディザイアのいる厩舎にむかい、
写真を渡してきました。

そして、こんなふうに、馬房の扉にウオッカの顔が(左)。  扉の裏は、こんなかんじ(右)。
100328UAE_YK0005.jpg100328UAE_YK0006.jpg
あまりにもぴったりサイズで、持って行った私もびっくり。


100328UAE_YK0001.jpg
遠目から見たら、そこにウオッカがいるみたいに見えなくもない?ような。
右の馬房から顔を出しているのが、レッドディザイアです。


役に立てたかどうか、わからないですが
写真が役に立つかもしれない、と思っていただけたことが、とてもありがたかったです。


ディザイアの関係者の方たちの、馬の心をケアする気持ちに、ぐっとこみあげてくるものを感じました。





TJKのサイトで、ディザイアとこの馬房の様子が動画配信されています。
http://www.team-japan.co.jp/horse_report.php?h=10000018&movie=1000000413






ドバイミーティング。 [ドバイ2010]

100327UAE_YK0422.jpg

100327UAE_YK0721.jpg

100327UAE_YK1061.jpg

100327UAE_YK1279.jpg

みんな、ほんとによくがんばって走ってくれました。

ありがとう!




きょうはレース。 [ドバイ2010]

100326UAE_YK0257.jpg

きのう。松永調教師とディザイアの作戦会議。

きょうは、とてもいいお天気です。


いよいよ、ですね。

出発。 [ドバイ2010]

100313UAE_YK0641.jpg

ウオッカ、無事にドバイから出発しました。
空港で、いってらっしゃい、と声をかけたら、
ウオッカはストールの窓から顔をのぞかせました。
「いってきます」ってこたえてくれたのでしょうか。


メイダンから空港まで、こんな感じでした↓
100313UAE_YK0542.jpg
午後1時。ディザイアが旅立つウオッカを見守ります。
シャリフが引き手を持ち、
レッドディザイアの齋藤助手とシャーが積み込みを手伝ってくれています。


100313UAE_YK0520.jpg100313UAE_YK0546.jpg
左:長旅の間、ウオッカをの脚と体を守る馬装。
右:おしりに、「これはウオッカです」とわかるように、ステッカーが貼られました。


100313UAE_YK0563.jpg
メイダンの、いちばんカッコイイ馬運車に乗ります。


100313UAE_YK0607.jpg
馬運車の中では、シャリフがずっと一緒。ウオッカは窓から外を眺めています。


100313UAE_YK0627.jpg
午後2時前。シャルジャ空港に着きました。
ちょっと前に、予定より一時間半遅れでシャルジャ空港に到着した
ブエナビスタたちが、別の馬運車の中で、入国手続き待ちをしているところでした。
日本馬三頭が乗ってきた飛行機に、こんどはウオッカが乗って、イギリスまで行きます。

荷物を積むあいだ、しばらく馬運車で待機。
ウオッカはシャリフに顔をすりつけて甘えていました。
空港のスタッフに、「プリンセス」「ダーリン」「スゥイーティー」など、
いっぱい優しい言葉をかけられながら、ウオッカはストールに移動。
この空港は、馬専用の積み込み口があるんですね。


100313UAE_YK0651.jpg
ストールに、田中敬太マネージャーと一緒に乗り込んで、
午後3時10分過ぎ、無事に離陸しました。


ウオッカを見送ったあと、私はシャリフと一緒に、馬運車に乗ってメイダンまで戻りました。
ほどなくして、ブエナビスタ、ローレルゲレイロ、グロリアスノアが、やってきました。



明日、朝、メイダンで四頭の様子を見たあと、私もアイルランドに向かいます。



タグ:ウオッカ

星?を背負ってます。 [ドバイ2010]

ウオッカの背中、鬐甲(きこう)のちょっと下あたりに、
ちょうど鞍をのせると隠れてしまうので、
レースのときには見ることのできない、あるものが。

これ↓
100311UAE_YK0138.jpg

こっちも↓
100311UAE_YK0143.jpg

顔の美しい流星と同じ、真っ白のテンテンがあります。
背中だから、星って言っていいものかわかりませんが、
すごい、ウオッカ、星をしょってるんだ、いかにもスターホースだな、
と私は勝手に思っています。



左手前。 [ドバイ2010]

100307UAE_YK0060.jpg

ウオッカが芝生を食べる時。
必ず!
左手前です。

ものすごく左手を前にのばして、右は後ろに下げ、
後ろ脚と右前がくっつきそうです。

前脚を前後に開きすぎて、プルプルふるえているときもあります。


どんな感じかというと、これ↓
100309UAE_YK0237.jpg

このスタイルをぜったい崩しません。
移動していっても、この基本姿勢を守っています。

左回りが得意なの、こんなところにも、あらわれるのでしょうかね。

タグ:ウオッカ

すっぴんのウオッカ。 [ドバイ2010]

100307UAE_YK0294.jpg

ことし、ドバイで、ウオッカは
去年の「優駿」6月号の「Relaxation」に登場したウオッカと同じ馬房にいます。
同じ方向から、きのう撮った写真
使ったレンズも角度もちがいますが、いちばんの違いは
被写体のウオッカが、無口を付けていないところ。

栗東や競馬場の厩舎ではずっと無口をつけていたみたいですから、
すっぴんのウオッカは、ちょっとめずらしいかもしれませんね。

タグ:ウオッカ

よくがんばったね、かな、ありがとう、かな。 [ドバイ2010]

100307UAE_YK0147.jpg
きょうの夜、岸本助手は日本に戻ります。
ずっと一緒にがんばってきたウオッカと、なんてお話したのかな。



100307UAE_YK0268.jpg 100307UAE_YK0290.jpg
左:レッドディザイア  右:ウオッカ

芝生を食べて先に馬房に戻っていたウオッカが
はじめて大きな声で何度もいななきました。
それを聞いたディザイアも、きょうは早めに芝生タイムを切り上げて、
馬房に戻りました。
顔を見合ってからお互いに少し小声で鳴いて、その後ウオッカは落ち着いたみたいです。

さみしがりな一面を見せたウオッカ、より愛おしく感じました。
ディザイアがちょっとおねえさんになったように見えました。



マクトゥームチャレンジ・ラウンド3。 [ドバイ2010]

100304UAE_YK1378.jpg

四日間、部屋から接続できなかったインターネット
やっと、やっと、復活しました。
PCのエキスパートがやってきて、直してくれました。

レッドディザイアがマクトゥームチャレンジ・ラウンドIIIで優勝!
レース当日、3月4日の二頭はこんなふうに過ごしました↓

100304UAE_YK0461.jpg
一緒に引き運動

100304UAE_YK0882.jpg
ウオッカは装蹄してもらい

100304UAE_YK0847.jpg
ディザイアは芝生を食べて

100304UAE_YK1018.jpg
夜、19:50、競馬場へ向かいます。

100304UAE_YK1034.jpg
ディザイアと松永先生の作戦会議。



動画はまた後ほど

雨のバカ~。 [ドバイ2010]

角居調教師がドバイに到着。
引き運動のウオッカを見守ります。
100302UAE_YK171.jpg



3月1日に、
「明日はこちら、雷雨の予報です。」
と書いたら、夜中にすんごい降ったみたいです。

街のあちこちに池ができてるし、道は淀んだ川になっていました。
ポンプ車が方々に出動して、道の水を汲みとっています。

そして、宿泊しているアパートメントインターネット回線がダウンしてしまっています。
今もです。

隣のホテルに泊っている方から、少しの時間回線を借りて
できる限り仕事の画像やりとりや、メールを書いたりしています。
借りる回線代、一日80ディルハム(約2000円)、仕方ない出費ですね。
早く復旧しないかな。くーっ。


お知らせです。
携帯電話向けサービス
競馬総合チャンネル」にて、私がドバイからフォトリポートをお届けしています。
ぜひご覧になってみてくださいね。
keiba_ch.gif
ドコモは7日間無料の「お試し登録キャンペーン」がご利用できるそうです。

タグ:ウオッカ
前の10件 | - ドバイ2010 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。