So-net無料ブログ作成
検索選択

香港の成果物など。 [香港]

hkjc02.jpg

hkjc03.jpg



「帰ってきてから続きを書きます。」と残してから、しばらくあいてしまいました。
すみません。

今年撮ってきたウオッカと仔の写真、事情があり今は発表できません。

そういっているあいだにも時間は流れ、あちこち行ってまいりました。

8月初め、イギリスに行き、シャーガーカップの取材。
武豊騎手が芦毛の馬に乗って3200mのレースを勝ったのを見られて感涙。
アスコット競馬場は絵になる撮影ポイントがたくさんあって大好きです。

シーズンに引き続き、2011-2012シーズンも香港ジョッキークラブの
オフィシャル・フォトグラファーを務めることになりました。
香港競馬のマーケティングに係る写真を撮るお仕事です。
上の写真はジョッキーオブザイヤーとホースオブザイヤーの投票を呼び掛けるためのもので
ポスターや新聞広告などになっています。
ジョッキーはダグラスホワイト騎手、馬はアンビシャスドラゴン。

香港競馬は9月が競馬シーズンオープニングでして、それに合わせて行ってきました。
びっくりしたのは、JRAのレースを競馬場で中継放映して馬券を発売していたこと。
たまに、なのだそうですが、その日はセントウルステークスの馬券を売っていました。
オッズは香港独自だそうです。
香港馬ラッキーナインが際どいアタマ差の2着で、シャティン競馬場は大いに盛り上がっていました。

香港の競馬場は華やかで、大きなイベントがあっておもしろいです。
競馬を盛り上げる工夫がダイナミックで直接的な感じで興味深いです。
馬や騎手・調教師へのフィーチャーはもちろん、私のことまで場内で紹介してくださいました。
「日本から来たオフィシャル・フォトグラファーです!」「ワー!」みたいな感じで。
ファンの方もフレンドリーで熱心で、中にはプレゼントをくれた方も。
日本にすごく好きな馬がいると話してくれた方もいました。


香港から帰ってきて、ひといきついたあとはフランスへ。
凱旋門賞の取材は、毎回撮影場所を探すのが大変でもあり楽しみでもあり。
通常のカメラマンエリアはもちろんいい場所なのですが、
スタンドのバルコニーも馬場に近いし、パドックから馬場への花道も独特だし、
雰囲気のある競馬場なので、あれこれ欲張ってしまい悩みます。
今回は、内馬場から撮影しました。
日刊スポーツの記事↓
http://www.nikkansports.com/race/news/photonews_nsInc_p-rc-tp0-20111003-844219.html


日本から遠征した馬たちが滞在したシャンティイでは、
アラン・ド・ロワイエ=デュプレ調教師のインタビュー取材で
師の衝撃的な登場(折を見て書きます)に感激したり
日本馬の追い切りの代表撮影者を決めるとき久方ぶりに「あみだくじ」をしたり(当たった)
興味深い滞在となりました。


明日は秋華賞。
久しぶりに、京都へ行ってきます。






Ambitious Dragon アンビシャスドラゴン。 [香港]

110501_HK08_YK0551.JPG

3月の香港ダービーに続き、アンビシャスドラゴンが
オーデマピゲクイーンエリザベスII世カップ(G1)を勝ちました。
5連勝、すごい。
このあとは、オフシーズンに合わせて、休養するそうです。

今後、どんなレースに挑戦していくのか気になります。

アンビシャスドラゴンの漢字の表記は
「雄心威龍」
です。








香港に来ています。 [香港]

HK-yokokunihiro.JPG

4月24日に行われたBMWチャンピオンズマイル
本日行われるAPクイーンエリザベス2世カップを撮影するために、
先週から香港に来ています。

3月にも、ドバイへ行く直前に香港ダービーを撮りに来ました。

雑誌「優駿」をずっと見ていて、私の写真を気に入ってくださった
香港ジョッキークラブ(香港競馬の主催者)からオファーをいただき、
この春のビッグレース3戦を撮る機会に恵まれ、とても光栄なことだと思っています。

ピサくんのAPQE2出走取り消しは本当に残念ですが、
角居調教師のお話を聞きまして、ベストのための取り消しと感じました。


そのヴィクトワールピサが優勝したドバイワールドカップデーの写真販売、
みなさまのご協力のおかげで、予想していたよりもたくさんになりました。
ピサにかかわる関係者、ほかの日本からの参戦馬の関係者、多くのファン、日本を応援してくれた海外の人たち、みんなの思いが形になったレース、
そのレースの写真を買うということで行動してくださった方、ニッカンの方、皆様にお礼を申し上げます。
33万7887円。
このほかに、写真販売による日刊スポーツの収益からも寄付されるそうです。
役に立ってくれますように。


さて、ウオッカの初仔誕生のことで、待っていらっしゃる方も多いようですね。
私は、淡々と、ただ、じっと待っています。
ほかの牝馬も含めて、牧場が落ち着く時期に、撮影させてもらえたら、と思っています。
アイルランドへ行く日が決まったら、またお知らせします。


今、読みかけている本について、少し。
『消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡 』(競馬王新書)

  
【送料無料】消えた天才騎手

【送料無料】消えた天才騎手
価格:1,000円(税込、送料別)




前田長吉氏のこと、私は島田さんから聞くまでよく知りませんでした。
何年もかけて取材されていたそうです。大作ですよね。
取材中の苦労話やおもしろい話などを聞いていたこともあって、続きを読むのが楽しみです。

みなさんも、ぜひ読んでみてください。



5月3日に東京に帰ります。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。